Great-Life

大人カジュアルファッション情報を中心に紹介します。

絶対ためになる「植木理恵」の恋愛心理学まとめ IV

   

 

<緊急告知>

真央ちゃんおススメの天然水サーバーが凄すぎると話題に。

なんと〇〇〇が気軽に飲めちゃうって!!

bana

 

 

▼酔う

恋愛の本質は、身体的には完全な「しらふ」にも関わらず、心理的に、まるでお酒に酔ったような「錯覚」を感じることだと思います。

心理的な「酔い」対しては、人はものすごく執着心を持つものです。「この甘美な気持ちから永遠に覚めたくない。だから相手を独占してしまいたい」というエゴが沸くと、何とかして相手とステディな関係を維持しようと、頑張りたくなるものです。

クールで難攻不落に見える女性を、お酒などの物理的な力によってではなく、体験の共有や会話といった人間的な努力によって、何とか心理的に「酔わせる」ことができたときにこそ、「この人は離したくない」という情熱が生まれるのではないでしょうか。

▼引き算

結婚に結びつくような恋愛をしている女性は、サービス精神を男性にどんどん与えていく「足し算」の恋よりも、むしろ男性を焦らせるクールさや、時として相手を困らせるような甘えといった「引き算」の恋が、とてもうまいように見えます。

▼結婚後

実際の結婚生活の中でジワジワと奥さんの不満をぶつけられると、多くの男性は、女性の想像以上に、ひどく窮屈な感覚に陥るようなのです。

結婚前のようなエネルギーは沸いてこず、奥さんと向き合うこと自体が面倒くさくなってしまうことも少なくないようです。そうなると、お互いに寂しいものですよね。

▼自己肯定感

一般的に、過去と現在を否定していると、未来は見えにくくなってくるものです。「自己肯定感」が弱いと、心の中でストッパーがはたらき、アクションが起こしにくい体質になってしまいます。

▼外見

とくに女性は、自分の「外見」をちょっと変えるだけでも、意外と前向きになれるところがあります。私のクライアントでも、ヘアスタイルや服装を一新することで、考え方まですっかり新しくなった女性は少なくありません。

▼セックスレス

彼とあなたの「悩み方」に、少しでもシンクロするところがあるのかどうか。将来のビジョンを、少しでも重ね合わせていこうとする心構えが、彼のほうにもあるのかどうか。

まずはそれをはっきりすることが、セックスレス打破のためだけでなく、人間関係を継続していく上での、最低限のスタートラインだと思います。

▼危機感

身勝手で自由なタイプの男性は、なかなか自発的には将来を約束したがらないものです。しかし、ある種の「危機感」が土台になれば、とたんに結婚願望が沸き起こってくるという、アマノジャクのような傾向があります。

片側にとってあまりに便利すぎる関係は、次のステップへの進展につながらないものです。未来につながる恋愛は、もっと「不便」なものでなくてはならないと思います。

 

<夏目前特集>

今こそ本気のシミ対策!

雑誌で話題沸騰中のオールインワンジェル登場

simiusubana

 

 

<期間限定お得情報♪>

4大特典付き!

バッグに美肌入浴剤もプレゼント!!

先着700名、5月31日まで。急いで!!!

coyori