Great-Life

大人カジュアルファッション情報を中心に紹介します。

アンゴラやモヘアニットの毛抜けを軽減する方法

   

 

 

アンゴラ・モヘアとは?

アンゴラは、ウサギの毛です。
ふわふわで柔らかく毛が吹いて可愛らしいニットが出来ますが、その中に太くて固い毛が混じっているので、ちょっとちくちくします。
さらに毛が編地に絡みにくく、落ちてきてしまうので、黒い服やコートにたくさん着く!

買うときは、他の素材も混じっている方がおススメ。
アンゴラ事態の値段が高いので、アンゴラが多いと、ニットの値段も高くなります。

アンゴラ山羊(アンゴラヤギ)から採れる毛です。獣毛の一種です。
注1:モヘアという名前の動物は存在しません。(←よく間違える方がいます。)
注2:モヘヤではなくモヘアが正しいです。

モヘアニットは、アンゴラ山羊の毛の特徴である、 柔らかく滑らかな部分を活かすために、緩めに編まれているのです。
そのために、どうしてもほつれやすく、が抜けやすいということになります。

モヘアニットの毛が抜けやすいという悩みは、実はモヘアニットの良さを活かすための仕方がないことだったのです。

あったかふわふわで気持ちいい♪でも毛が抜ける・・・

ネットでかわいいと思ったカーディガンを購入しました。
しかし着てみてびっくり!
尋常ではないぐらい毛が抜けて、インナーの服にもものすごく毛が付きます。
車に乗ると、そのシートが毛むくじゃら。

どんだけ抜けるの? いつおさまるの?と思いつつ着ていましたが、コートだったので、満員電車で他人にまで害が及ぶため、着用を諦めて処分しました。
有名メーカーのものでそこそこの値段だったのに、ショックでしたが、高い授業料でした。

アンゴラもモヘアも長い毛がどうしてもぬけてしまうようです。
経験談で言えば、もう諦めるしかないです・・・。
抜け毛覚悟で着るか、着るのを諦めるか、二択かな。

抜け毛を減らす方法まとめました!

毛糸専用の洗剤を用意し、水温20度以下のぬるま湯で軽く手洗いする。
そうすることによって、縮絨という現象が起きてモヘアの抜け毛を減らすことができる。

注意点は、洗いすぎるとモコモコになってしまうので
軽く手洗いをするというのがポイントである。

1回だけ手洗いをして縮めれば、バスタオルにまいて水分をとり、日陰干しを行う。
これで抜け毛を減らすことが出来る。

モヘヤの毛並みにそって専用のブラシでブラッシングしておくと抜け毛の付着を緩和することができます。
ブラッシングってけっこう大事で、ブラッシングをすることによって毛並みが揃って見た目もキレイになりますし余分な毛も落ちるようにもなります。

ブラッシングする事によってそのニットが長持ちするようにもなります

毛を取る時には洋服ブラシをかけてからコロコロをします。

コロコロだけで毛を取るよりも綺麗に多くの毛が取れます。
コロコロの粘着テープも、強めのものを用意しておきましょう。

ガムテープだと、自分で粘着部分を服に付ける力を調整する事ができるので繊維に絡みついた抜け毛もしっかりと取る事ができます。

モヘヤニットやそれと一緒に着る洋服に静電気防止スプレーを使用する方法です。

モヘヤの毛は、他の服との摩擦によって抜ける事も多くあります。
そのため、摩擦を防ぐ為に静電気防止スプレーを塗布することは有効的です。

 

 

exs004