Great-Life

大人カジュアルファッション情報を中心に紹介します。

冬の本命アウター♡"ダウン"の優秀ブランドをチェック!

   

 

 

知名度のあるダウンブランドについて主観的ではありますが★で評価していきたいと思います。

暖かさの基準は
★2冬らしい恰好をしていれば問題ない暖かさ
★3インナーを着こむ必要がない暖かさ 
★4薄手のインナー1枚で十分な暖かさ
★5極寒地でもシャツ1枚で十分な暖かさ。

です。

ダウンとフェザーの比率

ダウンが多いほうが暖かいと言われてます。
だた、比率だけでなくダウン絶対量によっても左右されます。

ダウンの量にもよりますが、街中ならダウン80%フェサー20%辺りでもかなり暖かいです。

グース(ガチョウ)かダック(カモ)の鳥の違い

グレイグース>ホワイトグース>グレイダック>ホワイトダック

同じ質量で容積(ふくらみ方)が違う。フィリングパワーといいますがこれが高ければ軽さ、暖かさ、快適さのパフォーマンスが増すことになります

羽の部位によってもランクがあり、産毛は最も良質とされます。

<<これぞ王道!支持率トップの大人気ダウン>>

みんな知っている”お洒落なダウンと言えば”といったブランド。無難と言えば無難で他の人とよくかぶってしまいます。しかし、やはり人気にはそれなりの理由があります。まず一着、というときには手堅いブランドです。

Moncler(モンクレール)

お高いダウンと言えばモンクレール。フランス生まれのダウンジャケットメーカーです。

価格帯:10~30万円ほど
暖かさ★★★★
耐水性★★
軽さ ★★★
流行度★★★★
被らない度★★

【シルエット】
大人のラグジュアリー感があり、メリハリのあるシルエット。
【ダウン】
最高品質のホワイトグースの産毛を使用。ダウン90%フェザー10%ほど。
【特徴・生地】
生地表面にはテフロン加工。生地本来の色合いや風合いを長期間維持できるように作られている

ダウン界のシャネル的存在。海外セレブから田舎のおばあさんまで、いろんな人が持っています。

希少なダウンと職人が一着一着手がけていることにより大量生産が難しいと言われます。日本向けの製品は年々品質が落ちているという話も。

公式サイト:http://www.moncler.jp/

念願の、人生初モンクレール買いました。清水から飛びました。大事に着ます。
マジもんで暖かいわ軽いわ。確かにユニクロと比べものにならない。

DUVETICA(デュベティカ)

出典ameblo.jp

モンクレールの流れをくむ若きイタリアブランド。よりお手頃なお洒落ダウンとして急激に人気が高まりました。

価格帯:7~15万円
暖かさ★★★
耐水性★
軽さ ★★★
流行度★★★★★
被らない度★

【シルエット】
ダウンらしいボリュームがある。ゆったり目のサイズで動きやすくカジュアルな、こなれたシルエット。
【ダウン】
最高品質のフランス産グレーグースの産毛を使用。ダウン90%フェザー10%。ダウンに関してはモンクレールよりこだわりがあるそう。

デュベティカ創業者は、かつてモンクレールの社長を務めたことがある方です。縫製にこだわりがあり、欧州最高の縫製工場で作られています。

上画像の井川遙さんが着用の型はthiadue
左はヒップが隠れる着丈で人気の型、kippa

大草直子さんを始め、人気スタイリスト方々もディベティカのダウンジャケット、ダウンベストを愛用されています。

公式サイト:http://duvetica.fen.co.jp/

PEUTEREY(ピューテリー)

日本でのレディースブランドとしての知名度は高くありませんが、イタリアでは大人気!まさにファッション誌常連なブランドです。

価格帯:6~15万円
暖かさ★★
耐水性★★
軽さ ★★★
流行度★
被らない度★★★★★

【シルエット】
スポーティ&エレガントをコンセプトにした、すっきり都会的なシルエット
【ダウン】
最高品質のグースダウンを使用。ダウン90%フェザー10%
【特徴・生地】
生地にはPRADA製品の生地を手掛けるリモンタ社の、高級ナイロン生地を採用。耐久性・速乾性・保温性・防汚性を兼ね備える。

【その他】
★イタリアンダウンの名門である”ジオ・スピリット社”が展開するブランド
★「イタリアで最も売れたダウンジャケット」と言われている
★見る人が見ればわかる、お洒落ブランドのイメージ。

メンズでは結構有名ですが、レディースではまだまだこれからのブランドと言えます。他人と同じものは嫌だけど、無名のブランドも嫌!という方にオススメ。

公式サイト:http://www.peuterey.it/

<軽くてあったか!軽さを追究したこだわりダウン>

軽さに定評のあるブランドです。冬のアウターにはありがちな重くて肩がこる・動きにくいといった悩みとおさらばできるのも、軽量ダウンの良いところですね。

HERNO(ヘルノ)

深い歴史を持ちながら、ハイテクな素材を用いていち早く軽さを求めたイタリアブランド。カシミアやビキューナなどの高級素材を使用した気品のあるコレクションが特徴。

価格帯:9~20万ほど
暖かさ★★★
耐水性★
軽さ ★★★★★+
流行度★★★
被らない度★★★

【シルエット】
イタリアンスタイルのエレガンスを追求した、ラグジュアリー&モードなシルエット。大人のダウン。
【特徴】
従来のダウンより25%も軽く、くるくるまとめられるほど薄い

女性らしくエレガントな、大人のダウンといった印象です

公式サイト:http://www.herno.it/

TATRAS(タトラス)

出典ameblo.jp

デザインチームをミラノに置く若いブランド。数年前からセレクトショップなどで目にする機会が増えました。

価格帯:7~12万円
暖かさ★★★★
耐水性★★
軽さ ★★★★★
流行度★★★★★+
被らない度★★

【シルエット】
都会的でシャープ&スタイリッシュなシルエット。
【ダウン】
良質で有名なポーランド産のホワイトグースを使用。ダウン95%フェザー5%という贅沢な素材使い(現在は90%10%の製品も)
【特徴・生地】
生地には独自開発のエクステリアのナイロン素材使用。超薄くて軽いです。

軽さ TATRAS<HERNO
暖かさ TATRAS>HERNO

でしょうか。
徐々に大衆化してきた感のあるブランドですが、ファッションの最先端の人たちの中では、TATRASが密かにまたブームになっているとの噂も。

着くずれしないスタイリッシュなシルエットではNo.1かも。

公式サイト:http://www.tatras.it/
      http://www.tatras-japan.com/

長めのリブが特徴的なデザイン

<本格防寒!カナダ&アメリカが誇る実力派ダウン>

南極探検隊や登山家も愛用するカナダの本格ダウンです。メンズ人気から始まり、レディースでの認知度も高まっています。

CANADA GOOSE(カナダグース)

カナダ発のブランドです。モンクレールやデュベティカなどに比べるとより実用的で生活に根ざしたイメージ

価格帯:7~10万円
暖かさ★★★★★+
耐水性★★★★
軽さ ★★
流行度★★★★★+
被らない度★

【シルエット】
カジュアルで機能的なデザイン。厚みがあるが、日本仕様のものは細身のシルエットが増えている。
【ダウン】
カナダ産のホワイトダックを使用。ダウン80%フェザー20%
【特徴・生地】
生地はテフロン加工を施したコットン、ポリエステルの素材。ハリがあってゴツイ。ダウンを保護する中間ライナー付きで、雨風に強い。

TATRAS同様、今年死ぬほどプッシュされています。ファッションに敏感な人からそうでない人まで、幅広い人が着ているイメージ

今年は広い世代でとても流行っていますね。雑誌でもショップでもあらゆるところで見かけるので、被りが気になる人にはおススメできません。
ただ、型のバリエーションは豊富です。

公式サイト:http://griffin.cx/canada-goose/

 

 

exs004